見えなくて聞こえない

盲ろう者と

愉しさや豊かさを共有しませんか?

 

暗闇と静寂のなかに取り残されている

盲ろう者の世界を想像してみて下さい。

 ハートウエアラボは、重複障害者とつながり、

スポーツなどの余暇活動を通じて愉しく豊かな体験を共有するための

新しいしくみをデザインしています。

 

指点字は盲ろう者と会話するための手段です。

点字同様、話し言葉をそのまま伝えることが出来ます。

盲ろう者でありながら日本で最初に大学生になり、

世界で初めて大学教授となった

福島智さん(写真左)のお母様、福島令子さんの発明です。

 

 

「ぼくの専属伴走者になってください」

重複障害者スポーツ支援活動は、

福島智さんの一言から始まりました。